自動車保険のノウハウ

   

ダイレクト型自動車保険の特徴とは

自動車保険にはさまざまなタイプがありますが、ダイレクト型というのは従来からあった代理店型とはまた違った特徴やメリットをもっているため、最近急速に普及してきています。従来の代理店型の場合、自動車保険の申し込みをしようとすれば、全国各地にある代理店の店舗に出向いて、そこでスタッフから契約内容についての説明を受けたあと、その場で署名捺印して契約を締結するのが普通でした。ところがダイレクト型のほうは、文字通り損害保険会社とダイレクトに、代理店を経由せずに契約ができるのが特徴となっています。具体的なアクセスの手段はいくつかありますが、パソコンやスマートフォンから自宅、あるいは出先でインターネットを通じて契約をするのがポピュラーであり、そのほかであればフリーダイヤルに電話して本社のオペレーターとのやりとりで契約をする方法などもあります。
このダイレクト型自動車保険ですが、まずは代理店の店舗までわざわざ行かなくても済むというところが契約者にとっての大きなメリットといえます。一般にマイカーを新規で購入しようとする場合、自動車メーカーの正規ディーラー、あるいは中古車販売専門店などの店舗に出向いて試乗などを通じて現物のよしあしを確認し、その上で店頭での購入契約となることが多いはずです。これらディーラーなどが自動車保険の代理店を兼ねており、専任のスタッフがいるケースは多いため、事実上契約そのものについては、実は従来の代理店型であってもあまり手間にはならないといえます。しかしより保険料の安いもの、あるいはサービスの内容が充実したものを選ぶために、複数の保険会社の商品を比較検討したいという場合、特定の保険会社の商品しか取り扱っていない代理店型では選択の余地がなくなってしまいます。もちろん代理店のスタッフにいろいろと質問をしたり、アドバイスを得ることによって、個人的なニーズにふさわしい商品をいっしょに選んでもらうことは可能ですが、それにしても選択肢が少ない以上は限度があります。
その点では、ダイレクト型はあとで自宅に戻った際にさまざまな保険会社のホームページなどを閲覧の上で比較検討する余裕がありますし、場合によってはホームページのなかに選択したサービスに応じたトータルの保険料の見積りができる簡単なシミュレーションのページが付属していることもあります。シミュレーションができれば余計なオプションを付けずに価格を安くすることも容易です。特にシミュレーションでニーズにぴったりとした商品を見つける作業で試行錯誤できることは大きく、これは顧客満足度の高さとなってあらわれています。インターネットの場合は24時間いつでも受付ができることもポイントで、日頃は会社勤めやアルバイトなどで忙しくて店舗に立ち寄る余裕がない場合、特に新規ではなく更新の手続きの場合には、その便利さが身にしみてわかるはずです。
ダイレクト型は保険料がそもそも代理店型にくらべて安価に設定されていることもメリットです。代理店型は事務所の賃貸料やスタッフの人件費など、さまざまな経費がかかることは明らかですが、本社と顧客がダイレクトに取引ができれば、中間の橋渡しをする代理店の経費がかかりませんので、これほど効率的なことはありません。このような事務的な経費のカットで保険料の水準を引き下げることができますし、さらにリスク細分型自動車保険という独特なカテゴリーに属するしくみを採用していることも理由に挙げられます。リスク細分型というのは、保険金支払いの理由になるリスクの大きさごとに、きめこまかく保険料を設定した商品です。たとえば年間走行距離が長い人の場合、短い人よりもリスクは高いのは自明ですので、過去の統計的なデータを活用しながら、走行距離が少ない人の保険料を通常よりも割引しています。

ダイレクト型 , ネット型 , リスク細分型