自動車保険のノウハウ

   

ネット型の自動車保険のメリットとは

自動車保険にはさまざまな種類がありますが、最近テレビコマーシャルなどでよく目にするのはネット型が多いといえます。これはダイレクト型、あるいは通販型自動車保険などとよばれることもありますが、いずれにしてもインターネットを経由して契約ができる、従来とは違った契約形態のものといえます。逆に従来のものは代理店型といい、かならず全国各地に置かれている代理店のスタッフを通じて、対面で内容などの説明を聞きつつ、紙の文書にその場で署名捺印するなどして契約するタイプのものでした。新しいタイプの自動車保険であるネット型がこれだけ普及してきたことにはいろいろと理由があり、それは端的にいえば従来の代理店型にはないような独特なメリットが備わっていたからにほかなりません。そのメリットは代理店型の契約の流れや特徴と比較してみるとよりいっそうわかりやすくなってきます。
たとえば従来の代理店型ではわざわざ店舗まで出向く必要があったものの、新しいタイプであればパソコンやスマートフォンが手元にあれば24時間いつでも場所を問わずに手続きをすることができます。契約内容の解説などもふつうは各損害保険会社の公式ホームページのなかに詳細に記載されていて、事前に希望する条件をリストから選択したり、直接数字を入力してボタンをクリックするだけといった簡単な仕様で、概算で保険料がいくらになるのかの見積を明示してもらうことが可能です。この場合の保険料の支払方法としては、従来はその場での現金払いを中心に、クレジットカード払いや口座振替なども認められるケースが多かったものの、ネット型ではクレジットカード払いオンリーということのほうがむしろふつうです。
肝心の保険料の金額そのものについては、代理店型は必然的に代理店のスタッフの人件費、店舗の維持管理費用や賃貸料などのコストがよけいにかかっているので、その部分が事務的経費として上乗せされていましたが、ネット型では全国に店舗をかまえる必要がなく、東京などに置かれたオフィスで一括して対応が可能ですので、コストがかなり削減され、金額がより安価になっています。
そのほかにも契約内容をできるだけ合理化し、申し込みをする人たちの年齢やシチュエーションごとによくあるパターンに絞り込んだり、あるいはノンフリート等級や年間の自動車での走行距離数、運転免許証の帯の色、運転者の年齢や属性などで条件を限定することによって、リスクに見合った安価な保険料での提供が実現できるようにしているのもポイントです。
このように時間や場所を選ばず契約ができるとともに、契約内容の工夫で保険料が安価になっているといったメリットが大きいことがうかがえますが、反対のデメリットもまったくないわけではありません。たとえばスタッフから直接口頭での説明を聞いたり質問をしたりする機会がなく、不確かな認識のまま必要のない契約をしてしまうおそれがあることや、パソコンやスマートフォンのようなアクセス手段とクレジットカード払いのような決済手段がない場合には使えないことが挙げられます。
もちろんこれらを補って余りあるほどのメリットがある上に、実は自動車保険の保険金支払理由になるようなトラブルが発生した場合の対応はそれほど従来のものとは変わりません。トラブル発生時には損害調査や相手との示談交渉などは通常どおり任せることができますし、レッカー車手配などのロードサービスも充実しています。契約内容しだいでは警備会社による現場への駆けつけサービスなども使えます。コストがかかる無駄な契約は選択せず、必要なサービスだけを選択する方法で、合理的にコスト削減を図ることもできます。

クレジット払い , ダイレクト型 , ネット型 , ロードサービス , 代理店型 , 通販型