自動車保険のノウハウ

   

万が一に備えたい!?自動車保険の契約の仕方と流れについて

マイカーを利用している人であれば、誰もが必ず加入する必要がある自動車保険と言うと自賠責保険があります。自賠責保険は法律で加入の義務付けが行われているもので、マスト条件で加入しなければなりません。保険に加入しても無事故の自信があるので無駄なお金を使うなどのイメージを持つ人も多いことでしょう。仮に、自賠責保険に加入しないで車を運転した場合、この時点で法律違反をしていることになる、簡単に言えば犯罪をしていることになるのです。無加入で公道などを運転した時、1年以下の懲役または50万円以下の罰金を支払わなければなりません。しかし無加入で運転した時には、違反点数が6点になる、これにより免許取り消しになるため車を運転する仕事をしている場合には職を失うことにも繋がります。

自賠責保険は別名強制保険と呼ぶものですが、強制に対して任意加入が認められている自動車保険があることをご存知の人は多いと言えましょう。一般的には任意保険と呼ぶのですが、この自動車保険は法律で加入の義務付けが行われていない、簡単に言えば加入したい人だけが契約を結び万が一の事態に備えられるなどの意味があります。任意保険に加入するか否かはドライバーの考え方によるわけですが、加入しておいた方が安心であるとも言います。その理由は自賠責保険では十分な保証が得られないためです。

自賠責保険の補償内容がどのようになっているのか、それを見るとわかります。自賠責保険は損害の種類として障害・死亡・後遺障害があり傷害では120万円まで、死亡では3,000万円まで、後遺障害では障害の程度に応じた階級で75万円から最高4,000万円の保険金額、いわゆる支払い限度額が設けてあります。これに対して任意保険の場合は加入する保険の種類に応じて支払限度額が大きくなるのが特徴です。自賠責保険では他人の身体における損害、ケガや死亡に対する保障はありますが、他人の家や車などに対する保障がありませんし、自分の体や物や車に対する保障もないのです。他人の身体に対する保障があっても、それ以外がないのが自賠責保険と呼ぶ自動車保険ですから任意加入をされる人が多いのです。

任意保険の加入をする時には、保険会社を探して見積もりを依頼する、契約を交わすなどの流れになりますが、見積もりを依頼する時などどのような会社が良いのか迷う人も多いと言えます。最近はネットを使って複数の保険会社の自動車保険を比較することができる便利なウェブサイトがあるので、こうしたサイトを活用することで自分に合う任意保険を見つけることが可能です。ちなみに、任意保険にはロードサービスと呼ぶものが付いているタイプが多くなっていますが、ロードサービスは事故対応は勿論、急なマイカーのトラブルの時でも無料で現場に駆け付けてくれる安心なサービスです。例えば、高速道路を走行していた時に急なエンジントラブルなどで路肩に停車してしまう、このようなケースは決してゼロとは言い切れません。このような時でもロードサービスを利用できる場合、修理対応やレッカー車による移動を可能にしてくれますし、中には故障現場から交通費を支給して貰えるものもあるようです。

保険会社はそれぞれ便利なサービスを用意しているため、金額だけで決めるのではなくサービス内容をしっかりと比較しておくこと、万が一に備えるようにしましょう。契約までの流れは保険会社の比較を行う、数社への見積もりを依頼する形になりますが、自動車保険の見積もりを依頼する時や申し込みを行う際には運転免許証・車検証・保険証券、3つの書類が必要になるため、手元に用意してから行うようにしましょう。

ネット型 , ロードサービス , 費用