自動車保険のノウハウ

   

自動車保険にある弁護士特約とは

自動車保険を契約するときや説明を見ていると弁護士特約という項目がありますよね。
利用率は最近増加している傾向があり、付けることでどんな得があるのかをお話しします。
まず弁護士特約は自動車保険の補償に対する特約で、事故が遭って裁判になった時の弁護士費用を無料で行ってくれます。もちろん無料と言っても限度額が決められているので限度額を超える金額は自分で負担しなければいけません。ですが、実際に限度額を超えるケースは少ないです。
弁護士に対する相談料から報酬金の一通りの保障が全てこの特約の中に含められています。昔は保険会社も付けていなかった所もありましたが最近ではほとんどの保険会社に特約は付けています。どういう時に使うのかと言うと、まず交通事故で被害に遭った時に被害に遭った方は保険会社と自分で示談交渉する必要があります。警察は残念ながら介入してはくれません。示談交渉するにしても専門知識が被害に遭った方はない人がほとんどです。そのため相手方の保険会社の対応が悪くてもどうすることも出来ず、そのまま泣き寝入りしてしまうケースも少なくありません。その時に弁護士特約を付けていれば弁護士が被害者の代わりに交渉してくれます。もちろん特約を付けていなくても実費で支払えば弁護士に交渉をしてもらうことは出来ます。ですが、費用がかなり掛かるため中には払えない人も居るでしょう。その時に弁護士特約ならば保険料だけで費用を抑えられますし尚且つ利用をしても翌年の保険料は上がりません。加入することはメリットがあり、実際に特約を利用したことで救われた人はたくさん居ます。特約のおかげで適正な損害賠償金を貰えたという人が多いです。ここからは更にメリットについてお話しします。
メリットその1は賠償額に関係なく利用することが出来ます。実際に交通被害に遭った方でどれぐらいの賠償額を相手から請求することが出来るのか分かる人はあまり居ません。弁護士に頼むときに心配な点の1つとして賠償額よりも弁護士費用額の方が高くなってしまうことです。特約はその点いく損害額がいくら高くても利用することが出来るため損することはありません。その2は裁判になる前の段階でも利用することが出来ます。裁判を望まなく示談交渉だけにしたいと言う人も使えます。その3は依頼をお願いする弁護士は自分で決めることが出来ます。利用するならば保険会社が紹介した弁護士でないとダメというわけではないです。もちろん保険会社の方から紹介してもらうことも出来ますし、自分で探した弁護士に依頼をお願いすることも出来ます。どちらの方が良いと言うのはありませんが話しをじっくり聞いてくれる人に頼むことが大切です。その4は先ほども少しお話ししましたが利用をしても保険料金が上がらないことです。保険料金が上がらないと言うことは保険階級は下がりません。いくら利用しても下がることはないため安心して使うことが出来ます。ただし1つ注意して欲しいのは被害者側に過失があった場合です。被害者側に過失があり加害者の損害賠償金を自分の保険を使って支払う場合は階級が下がってしまいます。以上が弁護士特約を自動車保険で付けることのメリットです。実際に加入率は年々増えて行っていて今は付けている人の方が多いです。いざという時に備えたい人、弁護士費用を抑えたい人は必ず加入しておいて損はありません。何かあった時にすぐに対応出来るように入っておくと安心です。弁護士特約を使ったことで賠償額が大幅にアップして尚且つ自己負担額が掛からなかった人も居ます。まだ入っていない場合やこれから自動車保険に加入すると言う人は是非付けてみることをお勧めします。

弁護士特約 , 損害賠償金 , 費用