自動車保険のノウハウ

   

自動車保険における等級とは何か

自動車保険においては等級というものがあります。この等級とは何でしょうか。自動車保険は当然ながら万が一の事故を補償するために入るものですが、やはり人によって事故の起こしやすさは異なるという考え方には納得性があるでしょう。同じ性別、同じ年齢で、同じ自動車を同じくらいの走行距離で運転していたとしても、やはりその人の運転に対する特性、運転の上手下手などによって事故を起こす可能性は明らかに異なります。はっきり言えば、荒っぽい運転の仕方をする人は事故を起こしやすいでしょうし、慎重な運転の仕方をする人は事故の率も低いでしょう。
保険というのは何でもそうですが、加入する人の全員から保険料を徴収し、万が一の際にはそこから保険金が支払われます。となると、リスクの異なる人から同じように保険料を一律に徴収するのは悪平等とも言えます。リスクの高い人からは多めに保険料を徴収し、リスクの低い人からは少なめに徴収することが真の平等と言うべきものでしょう。
自動車保険における等級とは、簡単に言えばその人が事故を起こすリスクを段階的に表したものということができます。多くの保険会社では、等級を20の段階で表し、各保険加入者はこの20段階のどこかに位置づけられることになります。そして、初めて保険に加入する人は全員、6等級に位置づけられることに決まっています。
最初は全員が6等級なのですが、もし1年間にわたって保険を一度も適用しなかった場合は等級が1段階上がります。つまり7等級になります。逆に保険を使った場合には、1回の保険適用につき等級が通常は3段階下がります。つまり3等級というようになるわけです。
そして、保険料は、各等級ごとに基準となる保険料からどれくらい割り引かれるか、あるいは逆に割り増しとなるかが決められています。最初の6等級であれば基準の19%割引ですが、1段階上がって7等級ならば20%割引又は30%割引となります。なぜ2つあるかというと、少し理解しづらいところではありますが、同じ7等級であっても6等級から1段階上がって7等級になった人と、逆に10等級から3段階下がって7等級になった人とでは割引率が別々に設定されているからです。一方、例えば3等級の人は基準から12%割り増しというように決められています。
既に書いたように、等級とは基本的にはその人が事故を起こすリスクに応じて決められているものですが、ではリスクをどのように判定するかというとなかなか万人が納得する方法は難しいでしょう。荒っぽい性格とか慎重な性格というのは確かに一つの考え方ではあるでしょうが、客観的にそれを判定するのは困難なことは多くの人が理解するでしょうし、その人の性格診断などで判定しようものなら、それが保険料というお金にダイレクトに関係してくるとなればそれこそ自分の性格を偽るような人も出てくるかもしれません。
そこで、若干異論もあるかもしれませんが、事故を起こしたことのある人は今後も事故を起こすリスクが高いだろうし、一定の期間内に一度も事故を起こさなかった人は将来的に事故を起こすリスクは低いだろうという考えを元にして等級を決めているわけです。ある意味で非常に率直で分かりやすい基準だということができるでしょう。
なお、自動車保険における等級は、保険会社を変更してもそのまま引き継ぐことが可能です。というか引き継がれることになっています。これは保険協会という組織で契約情報を一括して管理しているためで、保険会社を変更してもその人の情報はしっかりと引き継がれることになっているためです。ですから、事故を起こしてしまって等級が下がり、保険料がアップしてしまったからという理由で保険会社を変更しても、6等級から始まることにはなりません。

割引 , 等級 , 費用