自動車保険のノウハウ

   

自動車保険の代理店型のメリットとは

自動車保険を申し込む方法にはいくつかありますが、大手の損害保険会社の場合、最近では代理店型とネット型のどちらかを本人が選択することができるようになっているのがふつうです。ネット型は以前はなかったものが、自動車保険の自由化などの流れを受けて新しく登場したものであって、これまでのスタンダードといえば代理店型のほうでした。それぞれメリットになるポイントが異なっていますので、実際に契約をしようとする場合には、両方を検討した上で決めるのがよいでしょう。
ネット型は文字通りインターネットを通じてスマートフォンなどのデバイスからいつでも申し込みができるのが特徴であり、保険料の決済をするのにもクレジットカード払いのような簡単な方法が使えることから、今では広く普及するようになっています。これに加えて保険料が概して安くなっていることも特徴であり、保険料を運転者のリスクに応じて適切に調節する、いわゆるリスク細分型自動車保険のカテゴリーに属することが理由に挙げられます。リスク細分型では運転者が特定の年齢層に該当するかどうか、運転者の免許がゴールド免許にあたっているかどうか、そのほか年間の走行距離数やノンフリート等級、車両の種類などのさまざまな要素を細かく分割して、それぞれの要素にあわせた保険料を設定することにより、大幅な保険料の引き下げにつなげています。
このように新しく登場したネット型は手続きの簡便さや保険料の割安さの面でメリットが大きいことがわかりますが、従来からの代理店型のほうも根強い人気があるのも、相応のメリットがあることが理由です。たとえば代理店型のほうは店舗に所属している専門のスタッフが対面で説明をしてくれる上に、わからない点があれば随時質問に答えてくれますので、契約内容の誤解を防ぐことができます。自動車保険についてあまり知識や経験がなく、何をすればよいのかわからない人の場合には、できるだけていねいな説明が欲しいはずですので、インターネットのやりとりだけで契約が決まってしまうネット型よりも、従来からの方法にしたがったほうがかえって都合がよいことになります。また決済手段は現金をその場で支払うのが中心で、場合によってはクレジットカード払いや口座振替なども使えるという取り扱いですので、いつも現金主義での支払いをしている人の場合にも、やはり好都合といえます。
肝心の路上トラブルなどがあった場合の対応については、基本的なところでは両者ともそれほど変わりはありません。契約の条項にしたがって、けがや物損などの程度に応じて査定の上で保険金が支払われますし、当事者との示談をスタッフに代行してもらうことなども可能です。いつでも通報ができるコールセンターなどは保険のタイプにかかわらず共通の電話番号があるのがふつうですので、初期対応もしっかりと行うことができます。本質的には契約内容どおりのサービスというのがすべての自動車保険を通じた特徴ですので、その意味ではどちらのタイプを選んだとしても、あまり心配をする必要はないといえます。
ただし代理店型についてひとこと加えるとすれば、店舗によってはスタッフが通報を受けてからいち早く現場に駆けつけて、必要なアドバイスをしてくれることもあり得ます。これは全国共通というよりも、店舗やスタッフの考え方しだいという部分が大きいのが現実ですが、昔から地域で営業を続けている代理店の場合には、自主的にこのようなサービスで顧客との関係性を維持し、信頼度のアップに努めている場合も少なくはないため、インターネットの世界だけで完結してしまうネット型よりも、かなり頼りになる存在となることは確かです。

クレジット払い , ネット型 , リスク細分型 , 代理店型