自動車保険のノウハウ

   

近年注目を集めている自動車保険のドライブレコーダー特約

車に乗っていて万が一交通事故が起こった場合に、当事者間で主張が食い違うことはよくあるケースです。しかしこの時にドライブレコーダーの映像があれば、真実を把握することができ、いざというときにも自分の身を守ってくれる助けとなります。現在ではドライブレコーダーを取り付ける人も増えてきていますが、実際に買おうと思っているけれどまだつけてないという人も多いことでしょう。このような人にお薦めなのが、自動車保険のドライブレコーダー特約です。
自動車保険のドライブレコーダー特約とはどのようなものなのかというと、通常の任意保険で加入することのできるドライブレコーダー貸出つけのオプションのことを指します。保険会社からレコーダーを貸し出してもらい、運転をしている最中には常に録画がなされ、万が一事故が起こった際には、保険会社に映像が送信されるような仕組みとなっています。特約に加入した後に、レコーダーが宅配便で自宅に届くので、これを自分でフロントガラスに張り付けて、電源をシガーソケットにつなげます。取り付けをディーラーや整備士などに依頼する必要もなく、自分で簡単に取り付けることができるため、車の設定や配線などが分からない人でも簡単に取り付けることができます。また事故が起こった時だけではなく、運転中に片側によってしまったり、万が一危険な挙動を感じした場合には、アラーム音が鳴ったり、画面表示で教えてもらえる機能も付いていることから、事故の際にはもちろんのこと、事故を防止するためにも役立ちます。
この特約に興味があるけれども、どれくらいの費用が発生するのか気になる人も多いかもしれません。基本的には月額650円から850円ほどとなっています。一般的にドライブレコーダーを購入した場合には、2万円から5万円ほどの費用がかかり、長期間にわたり使用した場合には、購入した方が安くなることがあります。しかしレコーダーによっては、映像が鮮明でなく事故の際に証拠にならなかったというケースも見られるので、購入する場合にはしっかりと選ばなければなりません。特約で貸し出されるレコーダーは、どこの保険会社を見てみてもFHDとなっていて、証拠として十分な記録が可能です。レコーダーを購入したいけれどもどれを選べばよいのかわからないという場合には、まずは特約を付けて試してみるのもよいでしょう。また運転に自信がない人にもこの特約はおすすめと言えます。一度自動車教習所を卒業すれば、なかなか自分の運転を診断してもらう機会はないでしょう。安全運転をしていくためにも、定期的に自分の運転を見直すことは大切です。この特約を利用すると、自分の運転を定期的に見直す機会を設けることにもなります。貸し出されたレコーダーには、安全運転診断が搭載されているものもあり、これを利用した場合には危険な運転を感じした場合にはそれを知らせてくれたり、運転手の特性をリポートにまとめてくれるサービスもあるため、運転に自信がない人や危険な運転をしがちな人には、事故の防止にもつながるでしょう。
特約のメリットとしては、万が一事故が起こった際には、その状況が自動的に保険会社に送信される仕組みになっていることです。保険会社が事故の情報を受け取ったら、運転者の安否確認を行い、警察や救急に通報し、さらには必要となるロードサービスの手配まで行ってもらえます。不慣れなドライバーの場合には、保険会社への連絡や通報などが分からないケースが多く、事故が起きるとパニックになって冷静な対応ができなくなってしまいます。保険会社という第三者に迅速な対応をしてもらえることは大きなメリットと言えるでしょう。

ドライブレコーダー , ロードサービス , 安全運転診断 , 費用